main image

近藤研究室とは

21 世紀の “有機金属化学” の方向性を考えるとき、新しい錯体の合成、構造、反応性の解明、および新しい錯体触媒反応の開発という従来の考え方を超えて、社会的に要請の高い “環境” と “健康” をキーワードとし、社会への研究成果の還元と、人々の生活の質の向上に貢献できる大きな展開が必要であると考えています。具体的には、有機化学、無機化学、高分子化学を基盤とする “有機金属化学” をツールとし、医学や薬学分野の研究者とは異なる “工学” の研究者ならではの発想とアプローチにより、新しい機能を持った “分子” を自らの手で構築し、その健康および医療分野での有用性を示すことが近藤研究室の使命であると考えています。もちろん、その有用性・実用性の評価には、医学との共同、さらには産業界との協働が必須であり、近藤研究室は、文部科学省を中心とする医工融合・産学連携研究プロジェクト、また医工学分野で活躍できる人材を育成する教育プログラムに積極的に参画し、研究と教育を行っています。研究環境も充実し、スタッフ、院生、学生諸氏とともに研究室の歴史を創って行く喜びを分かち合っています。 (参考:“異分野融合研究ヘノ挑戦のススメ”(公社)日本薬学会

NEWS・TOPICS

2016.09.08
ホームページアドレスを変更しました

研究室の所属変更に伴い、ホームページアドレスを下記のように変更しました。

旧)www.probe.abe.kyoto-u.ac.jp

新)www.abe.ehcc.kyoto-u.ac.jp

旧アドレスにおいても、しばらくの間は新アドレスへ転送される予定です。

2016.05.18
新年度を迎えメンバー紹介を更新しました。
2016.01.15
H27年度 研究室訪問について
訪問日 集合時刻 集合場所 担当教員 当日連絡先
2月10日(水) 16時10分 A3棟450号室 近藤輝幸 075-383-7055
2月12日(金) 16時10分 A3棟450号室 近藤輝幸 075-383-7055
2月16日(火) 16時10分 A3棟450号室 近藤輝幸 075-383-7055
2月17日(水) 16時10分 A3棟450号室 近藤輝幸 075-383-7055
2月18日(木) 16時10分 A3棟450号室 近藤輝幸 075-383-7055
所要時間1時間半程度で 研究内容の紹介と,大学院生との茶話会を予定しています. 興味のある学生さんのお越しをお待ちしています.
2015.12.25
研究室ギャラリーを更新しました。(2015.12.15-21 Pacifichem 2015, 2015秋季 専攻フットサル大会)
2015.11.19
澤瀬加苗さん(M2)が第5回CSJ化学フェスタ2015で優秀ポスター賞に、今井悠太さん(M1)が日本バイオマテリアル学会第37回大会でハイライト発表に選ばれました。
2015.10.20
研究室ギャラリーを更新しました。(2015秋期ソフトボール大会、研究室旅行)
PAGE TOP
現在までのアクセス数:92105